ユーザ用ツール

サイト用ツール


珍しい四字熟語


珍しい四字熟語

珍しくてあまり知られていない四字熟語です。


門前雀羅(もんぜんじゃくら)

門の前に網を張って雀(すずめ)を捕まえることができるほど訪問者もなく、人の往来もない寂れたさま。
「雀羅」は雀を捕まえるときに使う霞網(かすみあみ)のこと。


蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)

無駄な表現が多く、内容の乏しい下手な議論や文章。
無用の口論や下手な文章をいう。蛙かえるや蝉せみがやかましく鳴くように、騒がしいだけでなんの役にも立たないという意から。
「噪」は騒がしく鳴く意。
「蝉噪蛙鳴せんそうあめい」ともいう。


人三化七(にんさんばけしち)

容貌(ようぼう)が人間離れしていて醜いこと。人が三分、化け物が七分の意。

ただの悪口な件


斬新奇抜(ざんしんきばつ)

物事の着想が独自で、それまでに類をみないほど新しいさま。それまでにないほど新しく、思いもよらないほど変わっているさま。


参考


珍しい四字熟語.txt · 最終更新: 2021/03/28 02:50 by moepapa